野桑の里スタッフブログ

高嶺福祉会の『野桑の里』の日々の活動の様子をご紹介しています。

Googleプラスボタン facebook Twitterボタン YuTubeボタン はてぶ

災害時給食支援訓練

10月16日に赤穂健康福祉事務所管内給食施設協議会主催により、わが野桑の里にて災害時の相互支援実地訓練が行われました。
雨の予報を吹き飛ばし、朝から快晴。近隣29施設の職員が訓練のため、駐車場に集合。
挨拶を終えてすぐに訓練が始まりました。

施設横の鞍居川は、集中的に雨が降ると水量が劇的に増加して、雨天の時はいつも4階のベランダから「水が溢れませんように」と祈っています。。。
しかし、実際洪水被害に遭い、1階厨房が使えなくなった場合、安全に美味しく食事提供するために準備しておかなければならないこと。
ぼんやりとした不安で立ち止まっていましたが、この訓練の機会をチャンスに検討することが出来ました。
訓練終了後の反省会では、訓練参加者からたくさんのご指摘をいただきました^^,
今回の反省会で感じたことは、野桑の里はまだまだ外部との接触が少なすぎるということです。
内部評価だけで満足してしまい、外部評価を得る機会が少ないことで、目に見えない小さなことが停滞してしまっているな・・・と痛感しました。
この訓練に向けていろいろと準備をしてきた職員達は、今回の評価に撃沈気味(笑)
気付けたことに感謝と希望を持ちがんばろう!!ねっ、みんな☆

しかし、今落ち着いて振り返ってみると、ユニットを使用しての訓練が行われた2時間半。
普段はコールが鳴り、スタッフを呼ぶ声や歌い声、時々怒鳴り声が聞こえるのに、この時だけはほぼコールも鳴らず異様な静けさ。。。朝、ユニットを回って「今日は訓練で窮屈な思いをさせますが、万が一洪水が起きた時のための訓練なので協力お願いします!」とお伝えし、「そりゃ~(訓練)しとかなあかんわな。」「ええで、ええで、頑張ってやりよ!」と励ましていただいたばかりでなく、テンパッている職員のことを思ってか、訓練に集中させてくださった入居の皆様。
この入居者様達のために、これからも頑張るしか無い!!と思っています。P1260193P1260202