野桑の里スタッフブログ

高嶺福祉会の『野桑の里』の日々の活動の様子をご紹介しています。

Googleプラスボタン facebook Twitterボタン YuTubeボタン はてぶ

オレンジカフェのぐわのさとOPEN!

IMG_0368IMG_0369IMG_0377IMG_0379IMG_0381
昨日、記念すべき「第1回オレンジカフェのぐわのさと」を開催しました。
秋晴れの良いお天気に、不安な気持ちも吹き飛び、「なんとかなるさ」精神に火がつきました。
古民家を改築した「県民交流広場 菊森さんの家」をお借りしての開催。
準備の段階からアタフタ。。。最初のお客さんは上郡町役場の方でした。(ありがとうございます!!)
参加者6名+スタッフ3名、最初はギクシャク感もありましたが、色んな話に花が咲き、とっても和やかな雰囲気のなか時間が流れていきました。
認知症のセルフチェックも皆で「あるある~」「んーー、やばいなー」などと盛り上がり、その後は予防につながる生活習慣をスタッフが説明。「へ~!!」「そうなんや~」「あ、それテレビでも言いよったなあ」など、普段の生活をお互い話しながら、笑い一杯でした。
今回は、ご理解ご協力くださった方々のおかげで無事終えることができました。
これからも笑いながら心の交流、そして生活の糧に繋がる時間を積み重ねていけたら嬉しいなと思います。
また、今回の開催にあたって、野桑の里の職員さんが、暖簾やエプロンを手作りしてくれました。
自分自身、こうして沢山の人達に支えられていることを知ることが出来ました。
「誰かが自分のことを気に掛けてくれている」ということが、人の幸せなんだとしみじみ感じました。
自分も誰かにとってそういった存在で居られるようにと思います。

次回の開催は11月22日(日)13:00~15:00です。
オレンジカフェのぐわ ちらし

災害時給食支援訓練

10月16日に赤穂健康福祉事務所管内給食施設協議会主催により、わが野桑の里にて災害時の相互支援実地訓練が行われました。
雨の予報を吹き飛ばし、朝から快晴。近隣29施設の職員が訓練のため、駐車場に集合。
挨拶を終えてすぐに訓練が始まりました。

施設横の鞍居川は、集中的に雨が降ると水量が劇的に増加して、雨天の時はいつも4階のベランダから「水が溢れませんように」と祈っています。。。
しかし、実際洪水被害に遭い、1階厨房が使えなくなった場合、安全に美味しく食事提供するために準備しておかなければならないこと。
ぼんやりとした不安で立ち止まっていましたが、この訓練の機会をチャンスに検討することが出来ました。
訓練終了後の反省会では、訓練参加者からたくさんのご指摘をいただきました^^,
今回の反省会で感じたことは、野桑の里はまだまだ外部との接触が少なすぎるということです。
内部評価だけで満足してしまい、外部評価を得る機会が少ないことで、目に見えない小さなことが停滞してしまっているな・・・と痛感しました。
この訓練に向けていろいろと準備をしてきた職員達は、今回の評価に撃沈気味(笑)
気付けたことに感謝と希望を持ちがんばろう!!ねっ、みんな☆

しかし、今落ち着いて振り返ってみると、ユニットを使用しての訓練が行われた2時間半。
普段はコールが鳴り、スタッフを呼ぶ声や歌い声、時々怒鳴り声が聞こえるのに、この時だけはほぼコールも鳴らず異様な静けさ。。。朝、ユニットを回って「今日は訓練で窮屈な思いをさせますが、万が一洪水が起きた時のための訓練なので協力お願いします!」とお伝えし、「そりゃ~(訓練)しとかなあかんわな。」「ええで、ええで、頑張ってやりよ!」と励ましていただいたばかりでなく、テンパッている職員のことを思ってか、訓練に集中させてくださった入居の皆様。
この入居者様達のために、これからも頑張るしか無い!!と思っています。P1260193P1260202

上郡地区民生・児童委員会様

今日の午前中、上郡地区民生・児童委員会14名様が施設の見学に足を運んでくださいました。
ここ最近、地域の方が施設に来てくださることが増えて、とても嬉しいです。
施設を見学されたあと、会議室で色々と懇談させていただくなかで、「8年経つのに本当にキレイにされてますね~」「臭いが無いのに驚きました」と褒めていただきました。
自分自身、「くさい・汚い」がとても苦手なので、なるべく気をつけては来ましたが、具体的には何にも出来ていなかったように思います。
日々、職員さんがコツコツ掃除したり、口腔ケアを欠かさず行ってくれたり・・・その成果を褒めていただけたことは本当に嬉しいことでした。
コワゴワ「職員の雰囲気はどうでしたか・・・?」と尋ねると「施設の中と一緒で明るくて感じが良かった。介護してもらう人も安心しとってやと思いますよ」と。
当然、社交辞令分を差し引かないといけないと思いますが、ホッと肩の力が抜けました。

とにかく実直に自分達の使命を果たしながら、時間を掛けてでも地域の人達に知っていただき、理解を得ていくことが、今は色々なことを我慢して取り組むべきこと。
今日は心の栄養をたくさんたくさん戴きました。
ありがとうございました。

地域との繋がり

この度、上郡町内にある県民交流広場「菊森さんの家」をお借りして、認知症カフェを開催することになりました。
先日、管理をされている方達に立ち上げについての説明をさせていただく場をいただきました。
みなさん大変興味深く話を聞いてくださり、また色々なご意見をいただくことができました。
今回の立ち上げに際して一番こだわったのは「地域の中で開催する」という点です。
地域に自分達が出向き、地域の空気の中に身を置くことで、施設のなかでは決して見えないものが見える。それこそが介護にとって「絶対に必要なもの」のような気がしています。
「地域の風土のなかで、人が人を支え、人が人に支えられる、より良い関係」
絶対に必要なものが何なのかを、沢山の地域の方々と触れ合う機会をいただく中で見つけて行きたいです。

記念すべき第1回は、10月25日(日)午後1時~午後3時 です^^

オレンジカフェのぐわ ちらし