野桑の里スタッフブログ

高嶺福祉会の『野桑の里』の日々の活動の様子をご紹介しています。

Googleプラスボタン facebook Twitterボタン YuTubeボタン はてぶ

上郡消防署での救急救命訓練

先日、各部署の責任者が上郡消防署で救急救命訓練を行いました。
1時30分~4時30分まで、みっちり3時間の訓練。
さぞかしみんな疲れて帰ってくるだろうと思っていましたが、帰って来た責任者の表情はなんとも元気でした。
その理由は、消防署署員の方に「HPを見て、看取りというすばらしいケアを行っていることを知りました。お体に気をつけてこれからも頑張ってください」と言ってもらったことでした。
参加者が各々、そのことを報告しに来てくれるのです。どんなに嬉しかったかが窺い知れます。

人が死に行く過程をサポートすることは、口で言うほど生易しいものではありません。
もちろん衰えていく人の姿を見ながら、そして手で感じながらケアをしていくことは、やはりつらいものです。
しかし、それ以上に辛いのは、サポートの課程で、自分自身の冷酷な面や嫌な面に対峙させられる場面も少なくないからです。
そんな苦しみも人生勉強のひとつと捉えて頑張っている職員達には感謝の気持ちしかありませんが、それを第三者の方から褒めて貰えたことが、職員にとっての心の充電になったようです。

上郡消防署のみなさんには、講習もそうですが、私たちの取り組みを理解し労っていただいたことにとても感謝致します。
ありがとうございました。